eヘルス倫理コードがVer3.0に改訂されました!

eヘルス倫理コードは、ヘルスケア分野において、インターネット等の情報通信技術を利用して提供される情報やサービスの質と信頼性を高めていくため、日本インターネット医療協議会(JIMA)においてサイトの運営主体者が配慮すべき注意点をまとめた自主基準ですが、本日(4月1日)、このeヘルス倫理コードがVer3.0に改訂されました。  

 

昨年6月に成立した改正医療法が、本年6月より施行されることに伴い、eヘルス倫理コードの準拠項目のひとつである関係法令・ガイドラインの遵守において影響を受けることになるなどから、4月1日を目指して準備してまいりました。

 

ご承知のように、改正医療法では、これまで医療広告の規制対象とされたこなかった医療機関ウェブサイトが広告その他の表示として扱われ、新たに広告規制の対象となってきます。

 

JIMAでは、昨年9月以来、改正が予定されている医療広告ガイドラインの解説を主とした講習会を複数回開催してまいりましたが、いよいよ、こうした準備を実地に移していく時期が到来しました。

 

eヘルス倫理コード3.0では、従来の全121項目から、コンテンツにおける不正行為の禁止や体験談の記載の注意点など8項目が追加され、全部で129項目になり、より細かな配慮と注意を求めていくことになります。また、サイトの内容は随時更新されることを踏まえ、1年毎のマーク有効期限を設定、継続したセルフアセスメントを必須とさせていただきました。これらの変更に伴い、マークの申請費用、審査料、マーク使用料等の改定が行われます。また、従来バージョンの2.0でマークを取得されたサイトには、順次、3.0バージョンでの受審を勧めさせていただくことになっています。

 

eヘルス倫理コードは、医療の提供者と利用者の双方の立場にたち、提供者側には、情報やサービスを提供していく指針を、また利用者には、質の高いサイトを見分ける基準を提供するものです。  

 

JIMAでは、インターネットのような法的規制の及びにくい世界で、運営者が自主的に信頼性と質を高めていくトラストプログラムの普及・推進活動を1998年より行ってきていますが、今回の3.0への改訂を機に、さらに本プログラムの普及に取り組んでいく所存です。

 

詳しくは、下記でご案内しています。

 eヘルス倫理コードについて

 ⇒トラストマークについて

 ⇒ラストマーク申請手続きのご案内

 ⇒トラストマーク付与サイト一覧

 

 

2018年04月01日