お知らせ

JIMA第14回定時総会&会員フォーラムのご案内

 日本インターネット医療協議会(JIMA)第14回定時総会&会員フォーラムのご案内

 下記の要領で、日本インターネット医療協議会第14回定時総会&会員フォーラムを開催させていただきたく、ご案内申し上げます。

 当日、総会の後は、会員フォーラムを開催させていただきます。懇親会もあわせ、ぜひ、ご参集賜りますようよろしくお願い申し上げます。
    
               記  

 <日本インターネット医療協議会(JIMA)第14回定時総会> 

■日時 平成29年6月14日(水)  

 ・開 場  13:00   
 ・総 会  13:15~14:00 

 ※総会に先だって、11:00~12:00 同会場で理事会が開催されます。

■場所 中央区晴海区民館(仮)

  東京都中央区晴海1-8-6 晴海トリトン内
  地下鉄大江戸線「勝どき駅」または地下鉄有楽町線「月島駅」徒歩6~7分

 ※会場案内地図が以下にあります。
http://www.jima.or.jp/INFO/harumi_kuminkan.pdf

 [総会議題]  
 第一号議案 平成28年度事業報告及び収支決算報告に関する件  
 第二号議案 平成28年度会計監査報告に関する件  
 第三号議案 平成29年度事業計画(案)及び収支予算(案)に関する件      

※総会終了後、会員フォーラムを予定していますので、ぜひ、ご参加ください。

 <会員フォーラム> 14:20~17:00   

■一般口演演題募集

会員フォーラムでご発表の一般口演演題を募集させていただきます。テーマは医療分野のIT利用、情報・サービスに関するものなら何でもけっこうです。発表時間は1題20分です。会場にはパソコンとプロジェクターを用意させていただきます。

募集演題 全部で数題 各20分(質疑応答含む)

応募方法 発表者名、所属、タイトル、要旨を記載の上、事務局info@jima.or.jp
までお申し込みください。

応募締切 平成29年5月31日    
 
※プログラム終了後、懇親会を開催させていただきます。  
  (懇親会参加費は1名4,000円。ご参加の有無は、当日うかがいます。)

 

■申し込み方法  参加ご希望の方は、下記に必要事項を記入の上、事務局info@jima.or.jpあて送信ください。

 

  「JIMA第14回定時総会&会員フォーラムご出欠ご回答」

 

 お名前:(             ) 

 ご所属:(             ) 

 総 会:(  )ご出席 (  )ご欠席 

 会員フォーラム:(  )ご出席 (  )ご欠席 

 

■問い合わせ先    日本インターネット医療協議会事務局 info@jima.or.jp までご連絡ください。

 

 

2017年05月14日

★産経新聞(3月17日付)で医療情報の利用の手引きが紹介されました。

3月17日の産経新聞朝刊で、テレビの生活情報番組で放送された不適切な健康情報の問題をとりあげた記事中で、JIMAのインターネット上の医療情報の利用の手引の10項目が全文紹介されていました。「テレビ番組などの健康情報に関しては、なぜそう言えるのか、根拠が何かを考える習慣を身につけてほしい」と、JIMA理事の中山健夫先生(京都大学大学院)のコメントも同時に紹介されていました。

2017年03月17日

★NHK(2月20日)でJIMAの活動が取り上げられました。

2月20日(18:10~)放送のNHKの「ほっとニュース北海道」でJIIMAの活動が取り上げられました。

がん患者がインターネット情報を利用する割合が高まる中、信頼できる医療情報サイトに認定マークを付与したり、疑わしいサイトや違法な広告を監視したりしているJIMAの活動が紹介されました。同番組で昨年より始まった「がんと生きる」シリーズの第二弾として、ネット情報に振り回される患者の状況や課題を取り上げたものでした。JIMA関係者皆様のご協力を得て、無事、取材を終わることができました。

 

ネット情報 あなたは何を信じるか」(Web動画 4分17秒あたりからJIMA関係です)

 

 


2017年02月23日

★読売新聞のYOMIURI ONLINEで、JIMAの取り組みが紹介されました。

読売新聞のYOMIURI ONLINEページで、JIMAの取り組みが紹介されました。読売新聞調査研究本部主任研究員の田中秀一氏が書かれた長文記事ですが、「ネットでの正しい医療情報の集め方」と題し、玉石混交のネットの医療情報をどう利用していくかのポイントを詳しくまとめられています。JIMAのトラストマークや、きっかけとなった海外の状況にもふれていただいています。

 

YOMIURI ONLINE 深読みチャンネル(2017.12.27)「ネットでの正しい医療情報の集め方

 

2016年12月27日

★毎日新聞(12月18日付け)でJIMAの活動が取り上げられました。

12月18日発行の毎日新聞朝刊にJIMAの取材記事が掲載されました。

「不正確な医療サイト ネットに氾濫 検索工夫で信頼情報」

という見出しで、トラストマークの画像入りでJIMAの取り組みが紹介されています。聖路加国際大教授の中山和弘先生が、日本にもアメリカのMEDLINE PLUSのような国の医学情報サイトを、という提案をされていますが、全く同感です。

2016年12月18日

「JIMAインターネット医療フォーラム2016」開催のご案内<終了しました>

「JIMAインターネット医療フォーラム2016」を以下の要領で開催させていただきたくご案内申し上げます。


 現在、厚労省の検討会で、医療機関のホームページの扱いをめぐる議論も最終段階に入っている状況のようですが、JIMAのサイトの自主基準であるeヘルス倫理コードにどう反映していくか等、 目の前の課題も出始めています。

この辺の関連の報告も含め、ひろく医療健康分野でのIT利用に関連するテーマでの研究発表会を開催させていただきます。オープンな会ですので、JIMA会員以外の方のご参加、演題発表もお待ち しています。平日ご参加が難しい方にもおこしいただけるよう、6月の総会と同じく、土曜日開催とさせていただきました。  
                             
    
               記  

■名称 「JIMAインターネット医療フォーラム2016」

■日時 平成28年12月17日(土) 13:30~17:00

■場所 中央区晴海区民館    

  東京都中央区晴海1-8-6 晴海トリトン内
  地下鉄大江戸線「勝どき駅」または地下鉄有楽町線「月島駅」徒歩6~7分

※会場案内地図が以下にあります。
http://www.jima.or.jp/INFO/harumi_kuminkan.pdf


■プログラム

・一般口演  

1) フィンテックが示す将来のヘルスケアAPIと求められる安全管理
      森田 巧(JIMA運営委員)

2) そのWebサイトは本当にその医療機関のものですか?
    ―医療機関Webサイトの証明不備問題―
      山野辺 裕二 (社会医療法人財団董仙会 恵寿総合病院 法人本部情報部)

3) 医療者が提供する医療情報 ~とあるサイトの場合~
      中田 郷子(特定非営利活動法人MSキャビン)

4) 適切な医療情報の提供の必要性について
      東丸 貴信(東邦大学医療センター佐倉病院)

5) 医中誌Web(専門情報データベース)を公共図書館で使う
      春名 理史 (特定非営利活動法人 医学中央雑誌刊行会)

6) Health Information Watcherによるネットパトロールの試み
      三谷 博明(JIMA事務局長)

 

演者発表要旨です。

※フォーラム終了後、近くで懇親会(1名4,000円、当日受付)を予定しています。

■参加費用

JIMA会員は無料。会員外の一般参加者は有料(1名3,000円、当日受付)。

■申込み受付<12月15日まで一般参加受付中>

プログラム概要が決まり次第、JIMAホームページでのご案内と参加申込みの受付を開始させていただきます。早めの参加申込みをされたい方は、事務局までメールをください。

■一般口演演題募集

一般口演の演題を募集させていただきます。テーマは、インターネットやIT、医療に関することでしたら何でもけっこうです。自薦またはご推薦の方がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。

・募集演題 数題 1題各20分(質疑応答含む)

・応募方法 
発表者名、所属、タイトル、要旨を記載の上、事務局info@jima.or.jpまでお申し込みください。

・応募締切 平成28年11月30日(締め切らせていただきました)


2016年09月24日

「JIMA第13回定時総会&会員フォーラム」開催ご案内<終了しました>

 

 下記の要領で、JIMAの第13回定時総会&会員フォーラムを開催させていただきます。

 今年は、平日ではご予定が難しい方もご参加しやすいように、開催日を週末土曜とさせていただきました。
 当日、総会の後は、会員フォーラムを開催させていただきます。会員フォーラムは会員外の方も参加可能です。

 ぜひ、お誘いあわせの上、ご参集賜りますようよろしくお願い申し上げます。


               記

 日本インターネット医療協議会(JIMA)第13回定時総会&会員フォーラム

■日時 平成28年6月25日(土) 13時00分~17時00分

 ・開 場  13:00   
 ・総 会  13:15~14:00 

 ※総会に先だって、11:00~12:00 同会場で理事会が開催されます。

■場所 東京駅前「あすか会議室」
   
 東京都中央区八重洲2-2-1 ダイヤ八重洲口ビル3階 303D号室
 ・JR東京駅 八重洲中央口 徒歩2分
 ・地下鉄 銀座線 京橋駅7番出口より 徒歩5分
 ・地下鉄 丸ノ内線・千代田線・半蔵門線・東西線 大手町駅 徒歩8分

 ※例年開催の晴海区民館とは違う会場ですので、ご注意ください。

 会場案内地図が以下にあります。
  ↓
 http://www.ochanomizu.net/yaesu/access.html


■プログラム

 13:00      開 場

 13:15~14:00 JIMA 総会 (会員の方のみ参加いただきます)

 14:15~17:00 会員フォーラム

 (1)「電子カルテ端末リモートアクセスの実際と課題」
      山野辺 裕二 (社会医療法人財団董仙会 恵寿総合病院 法人本部情報部)

 (2)「個人情報保護法と健康医療情報」
      水島 洋 (国立保健医療科学院・ITヘルスケア学会代表理事)

 (3)「医療啓発活動とインターネット」
      東丸 貴信 (東邦大学医療センター佐倉病院)

 (4)「糖尿病療養に影響をおよぼす生活背景と心理をスパースモデリングで
     多変量解析する試みと遠隔医療への応用」
      森田 巧  (JIMA運営委員)
      松本 麻理 (公立昭和病院看護部、糖尿病看護認定看護師)

 (5)「医療情報の信頼性確保の取り組み2016」

     ~医療機関ホームページは医療広告規制の対象となっていくか?
      三谷 博明 (JIMA事務局長)
 

 

  ※演者発表要旨です。

 

 ※プログラム終了後、懇親会を開催させていただきます。    

  (懇親会参加費は1名4,000円。ご参加の有無は、当日うかがいます。)

■会員フォーラム参加費用

 JIMA会員は無料。一般参加者は1名3,000円(当日受付)。

■申し込み方法
 参加ご希望の方は、下記に必要事項を記入の上、破線内部分をメール本文に貼り付けて、事務局info@jima.or.jpあて送信ください。6月20日締め切りです。

 *******「JIMA第13回定時総会&会員フォーラムご出欠ご回答」***********
 お名前:(             ) 
 ご所属:(             ) 
 総 会:(  )ご出席 (  )ご欠席 [会員の方のみ] 
 会員フォーラム:(  )ご出席 (  )ご欠席 
 ********************************************************************

■一般口演演題募集

会員フォーラムでご発表の一般口演演題を募集させていただきます。テーマは医療分野のIT利用、情報・サービスに関するものなら何でもけっこうです。JIMA会員外の方の発表も歓迎です。発表時間は1題20分です。会場にはパソコンとプロジェクターを用意させていただきます。

募集演題 全部で数題 各20分(質疑応答含む)

応募方法 発表者名、所属、タイトル、要旨を記載の上、事務局info@jima.or.jpまでお申し込みください。

応募締切 平成28年6月11日    


■問い合わせ先
 
 日本インターネット医療協議会事務局 info@jima.or.jp までご連絡ください。
        

2016年05月29日

サイトの集約化作業について

従来サイト(http://www.jima.or.jp)と暫定サイト(http://www.jima-j.org)のふたつを併行運用していましたが、今後、jima.or.jpのほうに、順次集約させていただきます。JIMAが発足した1998頃から蓄積してきた旧コンテンツが膨大にあるため、移行作業に時間がかかると思いますが、ご了承お願いいたします。また、旧htmlで記述してきた文章が最近のスマホに対応できないためか、モバイル環境では文字化け等が発生する場合があるようですが、逐次改修を行っていますので、ご了解のほどお願いいたします。

2016年01月30日